祭のものぐさもったり手帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

旅戦の王女 第69話『盗賊を拾った日15』

 「しかし今回は当たりだったなぁ!」
 「あぁ、まったくだ。ちっぽけな村だから大したもんねぇだろって思ってたら、村人の連中、結構貯めてやがったしなぁ」
 「いやー、それもこれも、お頭のおかげぇ!…ってかぁ?」
 「…その通り!」
 ドンとまだ泡の残るジョッキをテーブルに叩きつけ、青年は椅子の上に立ち上がった。まだ成人も迎えていない若者だったが、体格がよく筋肉は引き締まっており、そこいらの大人よりも迫力があった。青年の肩には、星を象ったペイントが彫られており、不思議な自信に満ち溢れていた。
 青年は椅子の上に立ち上がったあと、両腕を広げ、赤く逆立った髪を振り上げながら、
 「あれもこれもそれもどれもかれもなにも…ぜぇんぶ、お頭ァことぉ…我らがリンリンちゃんのおかげぇ!」
 酔いも回っているのか、ふにゃふにゃと危なっかしい様子で、でも青年は高らかに賛美の言葉を上げた。
 「美しくぅ…っスタイル抜群!気高い意思に、俺たちをやさしぃ?っく包んでくれる母性!その上希代の策士ときたもんだぁ!リンリンちゃんこそぉ、俺たちのえんじぇぇる…いや、勝利の女神様ッスよお!!!」
 わああぁと皆がジョッキを掲げて歓喜した。あまりにもわざとらしい過剰な演説であったが、場を盛り上げるには十分だった。
 「俺ぁ、いつかあの女神様を射止めるッスよ!」
 「ガイアにゃあ、ムリムリー」
 「がっははは」
 宴もたけなわ、盗賊集団『チョイナー・ベル』は自分たちの勝利に酔いしれ、陣取った酒場で大宴会を開いていた。店の当主が倉庫でガタガタ震える中、ビール樽を勝手に開けては勝手に飲み干し、皿が割れようが椅子が壊れようがお構いなしの大騒ぎだった。
 「…おぉい」
 そんな騒ぎの中、カランと扉が開き、一人の盗賊が入ってきた。心なしか疲れているようだ。
 「おぉい、ガイアぁー…。次の見張りお前だろうが、さっさと持ち場につけよ」
 それまで騒ぎの中心にいた赤髪の体格のいい青年―ガイアは驚いて振り向いた。
 「…え!?マジッスか?」
 身に覚えがないのか、挙動不審に聞き返すガイアに対し、先ほどまで見張り番をしていた盗賊は伸びきった髭をボリボリかきながら頷いた。
 「ほうら、さっさと行けよぉ!」
 「酔って泉に落ちんじゃねぇーぞー?」
 「ちょ、ちょっとっ!」
 酒盛りをしている盗賊たちから野次が飛び、ガイアはあれよあれよという間に酒場から追い出されてしまった。
 「…くそー…」
 腹いせに酒場の壁をガンと蹴り上げた。するとべこんという鈍い音がして、気持ちがいいくらいに綺麗なへこみが出来た。
 すっかり酔いが回って火照った体に、夜風がひゅうと吹き込み、ガイアは思わずぶるりと身震いをした。
 「……しゃーないッス…これも愛しのリンリンちゃんのため…っ!」
 愛して止まない若きお頭の顔を思い浮かべ、ガイアは夜の村を歩き出した。


 ―夜。
 家の灯も消えた頃、月明かりが照らす中、コロナたちは村を移動していた。
 「本当だ。見張りも手薄になってるし、これなら大丈夫だね!」
 「なんかドキドキするな!」
 今度はスパイか、それとも遠い異国の忍びのつもりか…―ノンキにもこの状況を楽しんでいるトーンとファルルに、コロナがぐさりと忠言した。
 「…言っておくが、お前たちにかけている魔法は『姿が見えなくなる』んじゃなくて、『姿を認識しづらくなる』だけなんだからな…?いわゆる動物が持つ気配を最低限にする魔法で、つまり大きな声出したり、派手なことやったらあっという間に気付かれるんだぞ?」
 ぶちぶち長い忠言を半分ほどだけ理解したのか、トーンとファルルは同時に「はぁい」と気のない返事をあげた。
 「…まぁ、それぐらいで十分でさァ」
 その三人のやり取りを聞いていたハルが声を出した。
 「…最悪、久遠の泉まで、辿りつければあとはどうにでもなるんですからねぇい」
 ハルが猫のように瞳をキリと光らせ、前を見据えた。


     * * *


ようやくガイア登場です。
性格はいつも通りのあの感じ。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。